鏡面
f0043172_1664056.jpg


また日が暮れて

そう また暮れて

映された
世界の半分

黙って沈む
嘘半分



[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-19 23:54 | base
autunno
f0043172_1546181.jpg


また秋がくるね

思い出して しまうかな




[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-19 22:48 | partire
ときどきは
f0043172_4165573.jpg


選んだのだから
僕はそれらを
大切にしようと思う

考えようと思う

それでも
ふいに
手元にあるものには
もしかして
選ばれたのかもしれない

僕の与り知らぬ処で





[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-19 01:12 | firo
メランコリー
f0043172_34542.jpg


最後まで遊んでいようね

宙ぶらりんになった約束は
夕刻のメランコリア



[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-19 01:01 | base
ミドリイロ
f0043172_1392821.jpg


生まれつづける清々しさ


[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-19 00:40
小さな本ができました
f0043172_1903932.jpg

こんにちは、藤原です

「なら燈花絵」で集めた写真を
photobackにまとめました

燈花祷園(トウカトウエン)

また、お手空きなときにでも
見てやってください
[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-18 19:06 | informazione
NORD
f0043172_1142502.jpg


途方に暮れたら
とにかく北へ

それでも駄目なら
賽をふる




[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-16 11:50 | partire
ソライロ
f0043172_4283528.jpg


一人でいきてはいけない

証明してみせたい

さもしい自分を
抱きしめてあげなくては

いけない

余力なんてない

必死に届かない

それが哀しくない事に
ときどき狂おしく惑いながら

「君は大丈夫だ」と

自分のような 
誰かに
微かな熱で
また繰り返す

それは希望などと
たいそれたものではない

願望だなどと
声を張り上げるつもりもない

儀式でもないし
ましてや呪いなどでも

決して
ない



[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-16 01:00 | colore
ミズイロ
f0043172_418848.jpg


そのような歩き方を
望んだのだから
どのような発言をも
白々しい
なんて
思ってはいけないな

「本当は」

なんて
後で言うのは無しである





[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-16 00:16 | colore
神様の庭
f0043172_314836.jpg


尊い思想はB(あお)
順応する賢しさはG(みどり)
遠くまで伸びる野心はR(あか)

それらは本来光であるから
ふいに重なること あれば
眩い白熱が降りる

そのとき
分たれたわたしたちは
各々の神様の前で
単色光の願いを打ち明ける

信じる心で
揺るぎない知恵で
干渉に屈しない強さで

神様
わたしたちはあなたへの光です

交わるごとに
光度をます

あなたが降りる
光の庭では

わたしたちは
三つで一つであった事を
喜び合える

繋いだ手から
もっと光は多く
混ざり合う




[PR]
# by are-fujiwara | 2008-07-28 03:14 | meteora