返信
f0043172_20585783.jpg


いただいた返信の
時差が

私達の繋がり方
そのものであるとも感じ

では
きっと
お会いするときには

話題を袋に
ありったけ詰めて

「ひさしぶり」

笑い合いましょう





[PR]
# by are-fujiwara | 2008-09-27 20:56
メロ
f0043172_23313776.jpg


ループしてる
短いメロディ

その間に
その中に

楽しい事 隠れていて
未だ つかまえられない

でも 其れ
みつけたら
そっと仕舞って
呑み込む

磨いて
其れ
歌になったら

一番に
「大事なんだよ」
って
みせてあげたい






[PR]
# by are-fujiwara | 2008-09-17 23:34 | meteora
08SS/冊
f0043172_221133.jpg


見たこと
聞いたこと
思いついたこと
忘れないこと

そして
教えられていたこと

またスケッチブックに
言葉が散らかっているんです

でも
最後の一ページに
残したい言葉は

私をひどく
混乱させそうな気がして

また
いつもように

空白のまま





[PR]
# by ARE-FUJIWARA | 2008-09-12 00:34 | segreto
関係性
f0043172_1213490.jpg


どこまでが友達だろう

どこまでが知人だろう

じゃあさ ねえ
いつまで関係性は続いているのだろう


別に他意はなかったんだ
君はまたそんな難しい顔して

 そんなことはわからないし
わからなくても、あまり変わらないよ?




直接的と
間接的

それも、相手への距離次第かな


壊したくても壊れなかったり
ふいに引き合うように
ふわっと崩れたり

でも、言葉にしているほど
きっと縛られているわけでもないと思うんだ


望んでいれば
どんな事でも叶う

それが違う事
なんとなくわかってる


でも、望んでいなければ
本当に消えたらどうしよう

それが縁なんだよ

って、大人しく納得したくない


人だけじゃない

場所だって

物だって


時には時間を越えて


だからみんな
哀しかったり
辛かったり

でも、励まされたり
ときには救われたり

愛したり

するんでしょう

もう一度だけ
君に問うてもよいかな





[PR]
# by ARE-FUJIWARA | 2008-09-10 00:24 | firo
途方
f0043172_22554262.jpg


いきたい場所がないのなら

世界は無駄に広いばかり





[PR]
# by ARE-FUJIWARA | 2008-09-04 22:59 | partire
わりと好い
朝は春のように始まるなら
昼は夏のように騒がしい
夕刻は秋のように密やかに
夜は冬のように深い

いいも
わるいも

すきなだけとっていくといい

わりと好きな一日
わりと好きな一年

先天的な属性

わたしたち
「全く違う」でもないし
「全く同じ」になんてなれない

それでいいでしょう

いつかどこか似ていると思ったら
今更でいい 教えてください

わりと好い関係性

「違う生まれ」
だから好かったんですよね
[PR]
# by are-fujiwara | 2008-09-01 03:09 | firo
音色
f0043172_2172271.jpg


視覚から
音の色

騒いで抜ける

一瞬
夏が止まる




[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-31 22:16 | base
破線の呼吸
f0043172_3392956.jpg


息継ぎを覚えたあなたは
もう どこまでも泳いでいける

希望を胸深く吸い込み
ゆっくりと憂いを吐き出して

しなやかな
その腕は 光を掻いて

したたかに
その脚は 闇を蹴る



[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-24 23:33 | base
午睡
f0043172_199093.jpg


微睡みの中で
繋いだ手は

残り香少し

たおやかに
少しずつ解けていく




[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-20 00:01 | firo
乙女同盟
f0043172_1923059.jpg


バテンレースも
アンティークレースも
ピコレースだって

もう要りません
もう欲しがらない

憧れは美しかったけれど
わたしのものではなかったからです




[PR]
# by are-fujiwara | 2008-08-19 23:57 | segreto