あの町まで
f0043172_19234345.jpg

其処は一面 青の世界
君は海のように
力強くうねる碧
僕は空へと
強かに伸びゆく蒼へ

惑う時は空を仰いで
飛行機が飛んでいる事
その下に僕がいる事

君と僕は繋がっている事実
見えないものだからこそ
どうか見落とさないでいて
時々でいいから思い出して

さあ 今から別々の路
でも敢えて信じましょう

「頑張って 大丈夫
 頑張って こなせる」

Bon courage!

健闘を祈り合おう

限界線
其の向こうを見たくて
平行線を邁進
そこにきっと
交差ポイント

そうして 又 いつか
あの町まで



[PR]
# by are-fujiwara | 2010-07-07 23:59 | centro
TRENTA
ご無沙汰しています
まだ、ここを訪れてくださる方がいらっしゃるか
わからないのですが
まず、見てくださっていたら
本当に有難うございます

雑記を綴っている方のブログを見てくださった方なら
私のブログがまた更新を始めたことをご存知かと思うのですが

こちらも、また
ゆっくり、気ままに
更新出来たらなぁと思います


ブログタイトルをTRENTAにしたとき
30という言葉が否応なく頭の隅に残ったのですが
最初は発音の響きで決めてしまっただけに
いつか変えるかもなぁ もしくは閉じるかな
と、思ったこともあったのですが

とりあえず、現在
30を迎えた私に訪れたたくさんのことを
個人的に大切にしたい為
このタイトルを掲げたまま

更新していきます

まずは、過去に書いたものから
少しずつ写真も織り交ぜて

お気の向くまま
見守ってやってください


2010年5月某日 藤原有絵
[PR]
# by are-fujiwara | 2010-05-21 17:45 | informazione
タイトル
本屋で居合わせた人の顔を見て
奇遇ですね
と、会釈こそすれ
とりたてて話す事も無く
本の波に逸れていく

濡れそぼった傘の先
伝う雫さえ落ちぬ間に

外は雨
早い台風の予兆をはらんだ

オモチャみたいな折り畳み傘は
「雨風」を凌げない
降る雨の力に負けるときを
待って、逃れて
早足で駅へ向かう雑踏に混じって

むせ返るような季節は過ぎたので
構内には人々が集めた仄かな水の冷気で
いっそうひっそりと沈む鼠色のホーム
早く帰りたい人ばかり
ゆらゆら疲れてギシギシの電車が滑り込んでくる

薄い紙袋から透けたタイトルは
始めから冷たいから気が置けない
仄かな熱を集めながら
最後の最後に笑顔になれると
作者はそういう信条を持っている人だ

暖かい部屋で
美味しいものを食べて
寝具を整えているときでさえ
救われたい気持ちは棲んでいる

そういうものを見留めることで
生活を切実で現実的なものへ繋ぎ止める事もある

そう考えようと
お互い話し合った人さえ
本の波に逸れ合う日が来るけれど

過ぎた事は嘘ではないと
もう知っているから
知らない事とは違うでしょう

外は雨
一層水の強い音

名が変わる
季節の
[PR]
# by are-fujiwara | 2010-05-21 17:29
花文
f0043172_171216.jpg


そこに置かれた言葉に惑って
少し胸が痛んでも
季節は変わらず嫋やかに
便りの中にあるから
哀しいとは思わない



[PR]
# by are-fujiwara | 2009-10-13 01:09
今日のような「また明日」
f0043172_0573271.jpg


「また明日」
なんて言ってしまっても

今日のような「また」は
もうやってこないかもしれないのに



[PR]
# by are-fujiwara | 2009-10-13 00:58 | meteora
夕べの水辺り
f0043172_453728.jpg


孤独を愉しむ大人達が
携帯片手に青空カフェの席に着く

そのうちの一人は同時にどうしようもなく
黒い蝶がとまるイメージが離れなく

でもそれは
やがて水辺から流れていくものだ



[PR]
# by ARE-FUJIWARA | 2009-09-25 04:24 | firo
one
f0043172_5293371.jpg


わたしは一人きりで生まれた事を
思い出したので

あの子もあの人も
いない世界で

今度は意志を持って
一人きり
わたしのことを見つめるため

初めての一人の旅です

四半世紀を少し過ぎ
新世紀は跨ぎました
でも次の新世紀には届かぬ命でしょう

その最期に
連れて行けるものを
探す旅です



[PR]
# by ARE-FUJIWARA | 2009-09-25 04:07 | base
椅子の上で膝を抱えていいことだけを思い出す
「嫌な事って、忘れてしまって
 いい事しか 残らないんですよね」

カラリと笑った女の子の言葉が
終電の空席に余韻を残して
その言葉の隙のなさに
胸がグッとなること 数回

夜が遅くなるほど帰りたくなくなるのは
ただの惰性で 特に理由などない
最寄りの駅のホームで感じる正しい寒さに胸は鳴る

浅い眠りから戻ると
古い雑誌を片っ端から整理して
私が何に興味をそそられてきたのかを
乾いた古紙から改めて指先で確認する

変わらず本棚に片されるもの
頓着無く処分するもの

心の移り変わりの激しいこと

これは悲観ではないでしょう
何もかも抱えたままで行ける場所なんて無いと
ご都合主義で結構と
捨てられていくものどもに言い訳をする

「乖離するくらいなら
 始めから知り合うことなどなければよかったのに」
当時の切実さが閉じていたベージからはらり

何度も思ったこと
今となってはどうしてかと首を傾げてしまう

戻りたい分岐点はあっても
そこから確実に途絶えてしまう縁など思えば
考えるだけなのに竦んでしまう臆病さ
愛おしさ


よかったことをたくさん覚えている

とは 何と素敵なことだろう

持続する感情など無くとも
ただ存在し続ける記憶があって

そこに微かな熱がある
口にするのも惜しい
カラリと笑ってそっと胸に留めたい

思い出すだろう
いつかそれが
一瞬の感覚と変わってしまおうとも
[PR]
# by Are-Fujiwara | 2009-08-18 21:08
ハルノハラ
f0043172_1191163.jpg


春の野原

名ばかりの愛嬌

春の野原

夢みたいにキレイな言葉

春の野原

熱波に負けない決意で
初夏の吐息を待っている




[PR]
# by are-fujiwara | 2009-04-20 01:40 | firo
春に終わる
f0043172_22463181.jpg


春を待ちわびたあなたが
いつかそうしてくれたように

僕の手には
小さな手
この春に
勇んで始まっていく子

あなたへと
返すべきだった思いは
もう言葉になぞせず
今 仕舞って

僕はこの春に終わっていく




[PR]
# by are-fujiwara | 2009-04-12 22:45