カテゴリ:informazione( 9 )
2013
f0043172_23161931.jpg

すっかり更新を怠っておりますが
明けましておめでとうございます

胸の内に
静かに募る言葉を
今年は
もう少し形にしたいと
切に思います

今年も
か細くも続けてまいりますので
よろしくお付き合いください


2013 01

フジワラユエ



   美しいものに
   惹かれる気持ちが綻んでしまったら
   もう 二進も三進もいかなくなって
   舞台を飛び降りるしかないわ



これは私が昔書いた言葉ですが
それは今も私の胸の芯に在り続け
忘れない限り
私はこのブログとも共にありたいと
思い続けています
[PR]
by are-fujiwara | 2013-01-07 23:23 | informazione
TRENTA
ご無沙汰しています
まだ、ここを訪れてくださる方がいらっしゃるか
わからないのですが
まず、見てくださっていたら
本当に有難うございます

雑記を綴っている方のブログを見てくださった方なら
私のブログがまた更新を始めたことをご存知かと思うのですが

こちらも、また
ゆっくり、気ままに
更新出来たらなぁと思います


ブログタイトルをTRENTAにしたとき
30という言葉が否応なく頭の隅に残ったのですが
最初は発音の響きで決めてしまっただけに
いつか変えるかもなぁ もしくは閉じるかな
と、思ったこともあったのですが

とりあえず、現在
30を迎えた私に訪れたたくさんのことを
個人的に大切にしたい為
このタイトルを掲げたまま

更新していきます

まずは、過去に書いたものから
少しずつ写真も織り交ぜて

お気の向くまま
見守ってやってください


2010年5月某日 藤原有絵
[PR]
by are-fujiwara | 2010-05-21 17:45 | informazione
明けましておめでとうございます
f0043172_8163381.jpg


どのようなお正月をお迎えでしょうか
新しい一年
ゆうるりとお付き合いいただけましたら幸いです

2009年1月元旦
藤原有絵


[PR]
by are-fujiwara | 2009-01-01 08:36 | informazione
小さな本ができました
f0043172_1903932.jpg

こんにちは、藤原です

「なら燈花絵」で集めた写真を
photobackにまとめました

燈花祷園(トウカトウエン)

また、お手空きなときにでも
見てやってください
[PR]
by are-fujiwara | 2008-08-18 19:06 | informazione
そうやってときどきは惑いながら
最近、言葉を
この様な場所へ向けて
放つには

体温以上の
エネルギーがいるのだと

ひしひしと感じます


詩とは
自己陶酔しやすく
(まだ、私も)

そうではなくて
外へ
誰かへ放つ為の

言葉を

と、考えると
そこで
ぐっと詰まってしまう

最近はそんな感じです


もっとたくさんの物、場所、人
へ、触れて
どんどんそういうものを取込んで
ああ そう
そうやって夢中になっているうちに

答えは
それなりに
私のところへ
宅配便のように
やってくる

そんな気がします


草稿どまりの
書きものがたくさん


そこから終わりへ繋がる
何か

私はみつけたいと思っています


五月某日 藤原有絵
[PR]
by are-fujiwara | 2008-05-29 02:42 | informazione
カテゴリ解説
こんばんは
激しくスローな更新ですが
ご来訪ありがとうございます

遅くなってしまったのですが
いろいろリニューアルしました

まずは「TRENTA」
数字の30
トレンタという音の響きからチョイスです

カテゴリについて
・segreto・・・秘密について

・meteora・・・流れ星について

・partire・・・出発や始まりについて

・lettera・・・手紙とか手紙のようなことについて

・firo・・・糸とか繋がりについて

・fiorire・・・咲くことについて

・base・・・基地とかホームとかについて

・colore・・・色について

・informazione・・・お知らせなど


とか
こんなイメージに基づいてカテゴライズしています

アンニュイな線引きなのですが
ご参考までに


まだまだ力が足りず
もつれながら書いていますが
どうぞ温かく見守ってやってください


日々が好日でありますように


12月某日
[PR]
by are-fujiwara | 2007-12-16 22:35 | informazione
穏やかな日々を 上質な生活を
f0043172_23211092.jpg

現在発売中の「詩学」と、いう雑誌に
私の投稿作品が掲載されました

創作活動をする際
藤原ではなく「野宮馨」という名を名乗っています

もし、機会があれば
御覧になって下さい


現代詩フォーラムというサイトにも、ぽつぽつと作品を載せています

こちらも、お時間ございましたら
[PR]
by are-fujiwara | 2007-02-09 23:29 | informazione
星狩り
夜の東京タワーにて


「コンバンワ」と、私はゆったり笑う
親しみを込めて
けれど、愛情を込めずに

彼は少し困った顔で、私をちらりと見て
考えながら、言葉を選んでいる

「この間、僕と君は 確かに寝た」
と、切り出すので
私は黙って頷く

「けれどね、よく聞いてほしいんだ」
私は何も解らない顔で、歯切れの悪い 彼を促す

「君がもし、『ガブリエル』であろうと
僕は『エミリ』を選ぶだろう」


ガブリエルは大天使
エミリとはただの少女の意

暗に彼は
私ではなく、他の女性を愛していると言いたいのだ


私は苛立つ

そんな事をいちいち説明しなくはいけないほど
頭の悪いオンナだと思われているのだ と

私は彼の美しい指を気に入っているけれど
彼の魂を愛してなどいない


私は余裕の笑みを彼に向ける

困った顔など必要がないからだ


その場を去ると
私はビルの屋上から屋上へと
黒い猫のように飛び渡り

夜空の星を狩りながら
苛立つ頭を風で冷ます


私より頭の悪い人間は嫌いだ




と、いう 夢をみた
ついさっきの話

夢の中の男は、頭が悪くて腹立つし
夢の中の私は、勘違いクールなオンナで笑ってしまう(笑)

しかも、何故に東京タワーなのか
どうして、超人のように
屋上から屋上を渡っているのか

しかも、ガブリエルって
エミリって(ぷーーー)

謎の多い夢である

他にも歯の浮くような台詞があったのだけれど
割愛しましょ 気持ち悪いから(笑)


夢にどんな意味があるのか解らないけれど

昨日の夜は
ポークハムのように
糸で締め上げられた
白いウサギの夢をみた

言葉を持たないウサギは
ぽろりぽろりと涙を零して

私の胸を詰まらせた


何を象徴しているのか
解っているように、わからない ふり

けど、ここに記しておこう

雑記 として
[PR]
by are-fujiwara | 2006-03-23 19:56 | informazione
「チルナノグの小さなライオン」別室
日記、詩、イラスト、趣味雑談
と、こちゃこちゃしてきたので

「詩」を主に
ブログを立ち上げることにしました

やっぱり、エキサイトに馴染んでしまって
べつの所で立ち上げるのもなぁ・・・と

いつも通り、ゆるりと
お立ち寄りください

そのなかに

なにか留まるものがあったなら

私はそれが嬉しいです

それを縁だと思いたいのです
[PR]
by are-fujiwara | 2006-01-15 02:43 | informazione