<< 2013 セイルモウル >>
*
私の思いが
何にも塞がれることなく
自由であるなら
それで構わない

そう言えた人は
離れて久しく

もう生きているうちには
追いつけないくらい
彼方へ飛んでいきました


どんなに目をつぶっても
誰かを羨み
何かを嫌悪する限り

どこまでいっても
私は女でしかないのです

言い切ってしまうのは
諦めることだから
安心です
逃れることが叶わない事実なら
苦くても飲み込むしか
ないのです

その鈍い痛みが
消えなくても
それさえ血に変えて

顔をしかめながら
進みたい
[PR]
by are-fujiwara | 2012-06-20 18:30 | meteora
<< 2013 セイルモウル >>